為せば成る
「為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」その気になってやれば何でもできる。大病の末実感した。何事にも感謝し日々過ごす。その喜びを伝えたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
懐かしい~
先日隣町の湾に豪華客船ASUKAⅡが入港してまいりました
逶・ク翫j+009_convert_20090818160449[1]
こんなに大きな船が入港するのは久しぶりということもあり
町にはカメラを持ったおじさま達が大勢

そういえば以前お仕事で乗船する機会があり
とっても豪華絢爛な船内に驚いたことを思い出します

いつかはこんな船で世界一周をしてみたいものですなぁ
スポンサーサイト
[2009/08/21 14:47] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ハッピバースデイ | ホーム | 怒涛の日々>>
コメント
そーいえば昔はラジオで「巨大船通過時刻をお伝えします」なんてやってたなぁ・・。
ウチはテレビが無くて、ラジオだけだったんで、そういうの良く覚えてる。
先週土曜はピアノトリオ3曲のコンサートでした。
ピアニストは桐朋のハタチの女の子
みんなきゃわいかったv-209
恋愛の話になると 食い付く食いつく・・・!
昨日はアマオケの棒振り
今日はピアノとのリハだったんだけど
それまでのいきさつ話をしてもいいかな?
って勝手に書き込むんだけど・・・

いまから10年位前の話
とある夫婦と知り合い、その人が経営してる喫茶ライブハウスで何度かコンサートをやっていました。
何年かしてそこのマスター(梅宮辰夫似)から
「ゆりゆりさんに折り入ってお話が・・」
って言われ
「何でしょう?」と答えたら
「私たちには東京でピアノをやっている娘がいます」
「ああそうですか・・。」
「ウチの娘をもらって頂けないでしょうか!」
「ええええええええええええ!」
と言う流れがあり
「ゴメンナサイ・・・。」
と言うことになりました。

そこから そんな何だかんだでしばらく疎遠になってしまったのですが、
昨年の暮れにそこの近くを通りかかったので ご挨拶がてらに立ち寄りました。
そしたら
奥さんが 「ちょうどいいところにお見えになりましたわ!」
って言われ
なんだろ・・・???
って思いながら話を聞くと
「実は私たち夫婦は店を他の人に譲り、田舎でひっそりと余生を過ごすことにしたんです」
「それはそれは ちょっと寂しい気もしますが・・」
「そこでゆりゆりさんにひとつだけお願いがあるんです」
「何でしょう?」
「この店を離れる最後の日に私どもの娘とコンサートをして頂きたいのです」「ゆりゆりさんと娘の共演している姿を目に焼き付けて私たち夫婦はこの地を旅立ちたいのです!」
ちょっと戸惑いながら「えっ えぇ! わ、わかりました」
「ほんとですか!嬉しいわ!」「娘は今も独身で・・・」
「えっ そっっそうなんですか・・・。」

ってな事があり、先月娘さんと名古屋で打ち合わせのため初対面。
二人は初めてとは思えないほど意気投合し、仲良しになりました。
んでもって
今日はご自宅に伺って初リハーサルだったんだけど
リハーサルを始めようと思って楽器をケースから出したら、その両親は 
「じゃ 私たちはこれで・・・」
とかいって 家を出ていってしまいました。
「・・・・・。」
もちろん(ちゃんと) リハーサルをして そのまま帰って来ましたが、
「なんだかなぁ・・・」
ってかんじ・・・。
そこまで信用されちゃうと 「なんだかなぁ・・・」って
微妙な気分v-208
ちなみにオチはありません。

先日もとある人妻から二人で温泉に行こうと言われ
「い~よ~」
と二つ返事。
でも、迎えに行く時(そのコの実家) 一応気を遣って
家の前ではなく近所で待ち合わせにしました。
道中
「ところで ご両親にはなんて言って出てきたの?」
って聞いたら
「うん ゆりゆりさんと ふたりで温泉行って来るー!って言ったよ!」
「えっ?えぇ~!」「だいじょうぶなの~?」
「うん」「いってらっしゃ~い!っておとうちゃんもおかあちゃんも言ってたよ!」
「・・・・・。」
・・・とまあこんな感じで そのあとふたりで岩盤浴とかしっぽりと過ごしたんだけど
ここまで危険視されないオトコってどうよ!
っってこと!
たぶんJeちゃんの父ちゃん母ちゃんも同じシュチエーションだったらそんな感じになりそうだよね!
ちゃんちゃんv-16
[2009/08/24 22:43] URL | ゆりゆり #JalddpaA [ 編集 ]
ゆりゆりさ~ん!
相変わらず楽しくお仕事されていますね
そうです。お仕事は楽しくしなくちゃ演奏にも影響しますもの

ところでちょっとしたドラマのようなお話
ステキです
ご夫妻はゆりゆりの事がお気に入りだったのですね
コンサートを最後に田舎へ行くとは・・・・・
セピア色って感じかしら
しかしヒトヅマとe-451
だったら私と!な~んてね
おっしゃるとおり我が家も同じような展開でしょう

私もゆりゆりの女バージョン
別にこちらは全くその気がありませんからいいのですが
周りに言われてよく思います
私って女と思われていない?
食い気はあっても色気は全くなかったのでしょうe-447
でもだから異性の友人が多くて楽しく過ごせたように思いますe-343
あっ!おじさまが多いですけどね
[2009/08/25 11:19] URL | カラマラ #lxd8RLfw [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://9myromance21.blog67.fc2.com/tb.php/126-de535c51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

カラマラ

Author:カラマラ
田舎で小さな喜びを感じながらの生活。
これまで気がつかなかった沢山の事。
自然の恵みに感謝し五感を研ぎ澄ます。
今の私にはとても大切なことのようです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。